『青天を衝け』第6話のあらすじや見どころは?栄一と千代の恋に胸がぐるぐる!

吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ『青天を衝け』第6話が、2021年3月21日(日) 夜8時から放送されました。

千代への恋心に戸惑う栄一の姿がなんとも微笑ましい第6話でしたね。

この記事では、『青天を衝け』第6話のあらすじや見どころ・感想・動画配信などについて、紹介していきたいと思います。

 

前回の『青天を衝け』についてはこちら

関連記事

吉沢亮さんが主演のNHK大河ドラマ『青天を衝け』第5話が、2021年3月14日(日) 夜8時から放送されました。栄一の家族思いで優しい一面や、口が立つ栄一が嘘つき祈祷師を撃退する痛快なストーリーが印象的な第5話でしたね。この[…]

『青天を衝け』第6話のあらすじは?

第6回 栄一、胸騒ぎ
長七郎(満島真之介)や喜作(高良健吾)と共に剣術の稽古に励む栄一(吉沢 亮)は「百姓にだって何かできるはずだ」と意気込む。そんなとき、千代(橋本 愛)から突然思いを告げられ、胸がぐるぐるしてしまう栄一。さらに、道場破りの真田範之助(板橋駿谷)が栄一らの道場に現れて……。一方、東湖(渡辺いっけい)を失った斉昭(竹中直人)はさらに過激な言動が増え、慶喜(草彅 剛)らに引退を勧められるが、「慶喜が将軍になるなら引退する」と突っぱねる。ほかにも慶喜は、正室に迎えた美賀君(川栄李奈)の気性に頭を悩ませていた。

引用:青天を衝け公式サイト

NHK大河ドラマ『青天を衝け』は、U-NEXTAmazon Prime Videoで見ることができます。(2021年3月現在)
※青天を衝けを視聴するには、NHKまるごと見放題パックに加入する or 1話毎に購入する必要があります。

第6話の見どころは?

本格始動の恋愛模様

『青天を衝け』第6話のタイトルは「栄一、胸騒ぎ」。

このタイトルにあるように、千代(橋本愛)に対する恋心に胸騒ぎして、戸惑い、混乱する栄一の様子がなんとも微笑ましく可愛らしいです。

何かあればいちいち千代にドキドキして、挙動不審になる初々しい栄一を演じているのが、国宝級イケメン吉沢亮さんなんて…本当にお腹いっぱいです!

ある日、栄一は千代の兄・尾高惇忠おだかじゅんちゅう(田辺誠一)の所で剣術の訓練を受けて、あざだらけで帰宅します。

千代の前で、剣術を得意とする長七郎(満島真之介)と比べると、自分の構えはどうしても”よいしょ“と土を掘っているような感じになってしまうと愚痴をこぼす栄一

土を耕すような動きをする栄一を見た千代は、思わずクスリと笑いました。

千代に格好悪いところを見せまいと栄一は「あ、いや、違うで。俺とてその場になれば…」と慌てて弁解します。

それに対して千代は、

いえ、違うんです。千代はそんな栄一さんをお慕い申しておるんだに

と思わず栄一に対する恋心を打ち明けます

千代からの思いがけない告白に、栄一はビックリ!

「え?今、なんと?」と聞き返す栄一に、千代は慌てて「いや、あの…失礼いたしました!」と小走りにその場を後にしました。

恥ずかしそうに慌てて立ち去る千代の姿に

なんだか胸がぐるぐるする

胸騒ぎを感じる栄一でした。

その後の栄一はというと、千代の顔を見るのも気まずく、酒をこぼした栄一の手を千代が拭くと、意識し過ぎて思わず「触んな…」と口走ってしまう程です。

初めての恋に目覚めた栄一と、思いがけず自分の恋心を打ち明けた千代

恋に不慣れな2人のピュアなエピソードに、SNSでは「栄一と千代のラブコメきた!」「すごくドキドキするシーンだった!」「千代ちゃんが可愛すぎて悶える…」「照れてる千代ちゃん可愛すぎ」などと反響を呼びました。

そして、物語の終盤で、長七郎と喜作(高良健吾)が話し込んでいる所を通りかかった栄一は、喜作が「千代を嫁にもらいたい」と決意していることを知ります。

栄一・千代・喜作の三角関係の行方も、『青天を衝け』の見どころです!

栄一と慶喜、驚愕の出会い

栄一が信州、上州にある紺屋へ向かっている道中で、遂に栄一と徳川慶喜(草彅剛)が初対面を果たします!

栄一が山中で休憩中に用を足そうしているところ、背後から慶喜たちが馬で近づいてきました。

慶喜の付き人が栄一に声をかけると、栄一は驚き、慌てて用を足すのを止めようとする栄一。

しかし、慶喜は「構わぬ」と告げると、馬から降りて、栄一の隣に立ちます。

慶喜の行動に困惑する栄一でしたが、慶喜は微笑みながら栄一と一緒に用を足すのでした。

この衝撃的な2人の出会いに、「なんちゅう初対面」「お花摘みで遭遇www」「二人の出会いがあんなシーンとは…意外過ぎですね」などとネット上がざわつきました。

予想外な栄一と慶喜の出会いでしたが、ここから2人の運命が交錯していくことを考えると、人生何が起こるのか予想もつきませんね。

対照的な2人のお姫様

『青天を衝け』第6話の3つ目の見どころは、2人のお姫様の登場です

まず1人目のお姫様は、薩摩藩主・島津斉彬なりあきらの養女から家定の正室になった篤君あつぎみ(上白石萌音)!

江戸地震で輿入れが遅れていた篤君でしたが、薩摩藩邸に到着し、福井藩主・松平慶永(要潤)と話をします。

そこで、家定(渡辺大知)は体が弱く、世継ぎではなく菓子ばかりこしらえていることを聞かされる篤君。

しかし、篤君はニコニコしながら「えぇ。たいそう美味との噂にて、篤も楽しみでございもす」と流暢な薩摩言葉で返事をします。

この短い初登場シーンだけで、篤君の明るくおおらかな性格や、度胸、聡明さまで体現した上白石萌音さん

ネットでは「篤姫かわゆい!!」「あっけらかんと明るく利発な篤君。イメージぴったり!」「上白石萌音さんの薩摩ことば、ナチュラルでいいなぁ!」と賞賛の声が上がりました。

莉子
ちなみに、上白石さん自身も鹿児島県出身なんだよ。
芽衣
だからあんな風に自然な方言だったんだね!方言女子、可愛い♡

そして、輿入れが遅れていたもう1人の姫君は美賀君みかぎみ(川栄李奈)です。

美賀君は慶喜の正室ですが、一橋家の未亡人である徳信院(美村里江)と慶喜の恋仲を疑い、短刀を振り回すといったエキセントリックな一面も…。

そんな美賀君に、慶喜は頭を抱えるのでした。

対照的な2人のお姫様にも、注目して『青天を衝け』第6話を楽しんでくださいね!

NHK大河ドラマ『青天を衝け』は、U-NEXTAmazon Prime Videoで見ることができます。(2021年3月現在)
※青天を衝けを視聴するには、NHKまるごと見放題パックに加入する or 1話毎に購入する必要があります。

 

『青天を衝け』第6話の感想は?

『青天を衝け』第6話の感想

 莉子の感想

第6話は藤田東湖が亡くなった直後からのお話でしたが、ここから時代の移り変わる様子が窺えるものでした。

血洗島での百姓としての生活に特に大きな不満を抱えている様子のない、吉沢亮さんの栄一と高良健吾さんの喜作。

2人を尻目に、剣術が優れているがゆえに、攘夷じょうい運動に身を投じていく満島真之介さんが演じる長七郎。

個性豊かなキャラクターを、俳優の皆さんがそれぞれよく役を体現していました。

特に満島真之介さんが道場破りが訪れた時に黙って座っている姿は、悲壮感が漂っており、素晴らしかったです。

他の者達では全く歯が立たなかった真田範之助を破るシーンは、息を呑みました。

勝負の後に、真田も農家の息子だと知った時、それまで鬱々としていた気持ちを振り切り、攘夷運動に参加する気持ちを抱いたのではと感じる、その演技変化が素晴らしかったです!

また、慶喜と栄一の初顔合わせのシーンでは、栄一もこれから否応なく時代の変化に呑まれて行くんだということを感じられました。

その慶喜公といえば、家庭人としては実父や妻に悩まされてはいますが、怜悧れいりとも言われたお殿様です。

その怜悧さと、どこか得体の知れない恐ろしさ、名門の水戸家の品の良さを草彅剛さんが好演しているので、必見です!

農家出身の3人と慶喜公、この若者達が幕末から維新にかけてをどう乗り越えて行くのか、今後の展開が楽しみです!

今の私達も時代の大きな転換期にいるので、これから先どう生き抜いて行けば良いのかということを意識してドラマを見ていきたいと思います。


 大翔の感想

安政の大地震で藤田東湖を亡くしたのも束の間、アメリカからハリスがやってきて貿易を要求します。

阿部正弘を中心とした幕府中枢は開国やむなしの方向に傾きますが、水戸斉昭は断固として打ち払うべきと主張し、無断で朝廷に報告します。

歴史を知る後世の者から見ると非常に滑稽ですが、恐らくこの時代の人々は一度貿易をすると日本も外国の植民地にされると本気で思っていたのでしょう。

実際に、この水戸の尊皇攘夷そんのうじょういの思想はこのあと日本全国に広まり、この流れで倒幕に繋がります。

尊王攘夷(そんのうじょうい)、尊皇攘夷(そんのうじょうい)とは、君主を尊び、外敵を斥けようとする思想である。 江戸時代末期(幕末)の水戸学や国学に影響を受け、維新期に昂揚した政治スローガンを指している。

引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

そして、それが斉昭の話を側で聞いていた一橋慶喜を苦境に追い込んでしまうというとても皮肉な結果に繋がるのです。

このあたりの草彅剛さんの演技は今後の注目点です!

一方の栄一は、少しずつ攘夷に触れ始めますが、まだまだそれどころではないという感じで、そんなことよりも千代が気になって仕方がない様子です。

一般的な成人男性なら何も不思議な事でないです。

道場破りに来た真田が、千代に興味を見せると動揺し、更に酒をこぼした際、千代に手を拭かれた時など、動揺しまくります。

栄一は、まだまだかわいい青二才です。

この真田との出会いを機に、尾高長七郎が江戸に行きます。

恐らくここから、栄一や喜作、惇忠も幕末の動乱に身を投じ、それぞれ活躍して行くと思われます。

剣の腕は今一つの栄一が、その鞭撻べんたつでどのように頭角を表していくのか、これからも楽しみです!


 芽衣の感想

『青天を衝け』第6話は戦う者同士の心意気」と「思わぬ恋に戸惑う栄一」が特に魅力的な回だと思いました!

まず、戦う者同士の心意気については、百姓という立場で日本を変えるためにできることを考えていく渋沢栄一の様子が描かれていました。

栄一は、時代の変化に備えて剣術を磨いたり、学問に励んだりする中で、剣術に優れた真田範之助や従兄の尾高長七郎たちと真剣に話し今後の生き方について考えを深めていきます。

変化が間近に迫った時代をどう生きるかで意気投合していく男性たちを、尊敬の気持ちを持って観ていました。

また、栄一は、いとこで妹のように思っていた尾高千代から、好意を持っていることを伝えられます。

栄一は、千代に対する自分の気持ちについて深く考えたことがなかったものの、千代の言葉が忘れられず千代に対する距離感もぎこちなくなってしまいます。

千代の言葉で恋心を募らせていく栄一が微笑ましかったです。

栄一と千代の近づきそうで近づかない距離感にもどかしさを感じつつ、初々しい恋の始まりにドキドキしました!

大河ドラマなので歴史の話だけかと思っていましたが、恋愛ものとしても楽しめそうで、続きが楽しみです♡

U-NEXT

第6話の視聴率は?

『青天を衝け』第6話の視聴率は、15.5%でした。

前週放送された第5話の視聴率16.2%から、0.7ポイントダウンしたものの、好調を維持しています!

『青天を衝け』第6話の放送にネットの声は?

『青天を衝け』再放送や動画配信はあるの?

『青天を衝け』第6話を見逃した方や、もう一度見たい場合は、NHKオンデマンドU-NEXTAmazon Prime Videoなどの動画配信サービスで見ることが出来ます。

動画共有サイトでの動画視聴は、危険です!
海外の動画共有サイトなど違法なサイトを閲覧・ダウンロードする行為は

  • 著作権侵害で罪になる可能性あり
  • パソコンやスマホがウイルスに感染する
  • クレジットカード情報など個人情報を盗まれる
  • パソコンやスマホが乗っ取られる
  • フルの動画ではない
  • 画質が悪い

…など様々な危険性やデメリットがあるので、公式の動画配信サービスでの視聴をオススメします!

『青天を衝け』を見逃してしまった場合、NHK+で見ることが可能です。

ドラマ放送終了後に配信が開始され、各話1週間限定で無料配信されています!

NHK+の見逃し配信期間を過ぎてしまった場合は、NHKオンデマンドU-NEXTAmazon Prime Videoなどから『青天を衝け』を見ることができます。

U-NEXTやAmazon Prime Videoで、『青天を衝け』などのNHK作品を視聴するには「NHKまるごと見放題パック(月額990円)」に登録する必要があるので、ご注意ください。

『青天を衝け』以外のドラマや映画、アニメなどのコンテンツも楽しむことができ、U-NEXTだとポイントも利用できるので、U-NEXTでの視聴がオススメです!

『青天を衝け』の見逃し配信や動画配信についての詳しい情報は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

あわせてチェック!

『青天を衝け』の放送が、2021年2月14日(日)午後8時から開始されました。NHK大河ドラマ60作品目となる『青天を衝け』の主人公は、「近代日本資本主義の父」とも呼ばれる渋沢栄一!!幕末から明治にかけての混沌とした時代に翻[…]

まとめ

以上、大河ドラマ『青天を衝け』第6話のあらすじや見どころなどについて紹介してきました。

『青天を衝け』第7話は、2021年3月28日(日)の夜8時~放送開始予定です。

第6話を見逃してしまった人は、U-NEXTAmazon Prime Videoなどで視聴できるので、チェックしてみてくださいね。

遂に出会った栄一と慶喜の今後の展開が気になります!

※本ページの情報は、2021年3月現在のものです。最新の配信情報等は、各サイトにてご確認ください。